☆修羅の道に…☆

此処は銀魂オタクが書く小説スレです(え?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

第9章【布団】

「そうかァ…俺もお前の事が…。」

「それは前に分かってたぜ。」

銀時はニヤリとすると俺を布団に連れて行った。
…は?何をするつもりだ…?

「高杉、脱げ。」

Σ…ちょ!!
いきなり何だよ…脱げって。

「あ?俺何か脱いだけど?」

…テメェは速すぎ。

「分かったよ…脱げばいいんだろ?」

俺は恥ずかしながら着物を脱いだ。

「来い…こっちだ。」

銀時は上半身は裸で下半身は黒いインナーを着ていた。
って誘っているのは…布団!?

「ったく…分かったよォ…。」

俺は銀時が誘っている布団までダッシュで行った。
スポンサーサイト


  1. 2008/05/20(火) 21:35:32|
  2. 小説②|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

第10章【室内】 | ホーム | 第8章【好き】

コメント

あ…ベッドイn(黙れ
銀高イイよー(∀)(←
恥ずかしがる晋助 可愛いy(殴蹴焼
  1. 2008/05/20(火) 21:45:01 |
  2. URL |
  3. 蓮季 #aIcUnOeo |
  4. 編集

親分>>

そーだよ(逝
マジよかろーが(え?
まぁ…僕はどっちみち晋ちゃんを壊しているけど。
ブw←

次は1○禁突入なのだ(逝って来い
  1. 2008/05/20(火) 21:56:03 |
  2. URL |
  3. #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuuzaki.blog65.fc2.com/tb.php/86-d0087a24

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。